ひやおろし・秋上がりってどういう意味?

・ひやおろし

「ひやおろし」とは米の収穫が終わった秋、冬から翌年の秋にかけて造った日本酒をひと夏かけて貯蔵、熟成させ、秋になって出荷するお酒です。春先に日本酒を貯蔵する際に品質が劣化しないよう「火入れ」と呼ばれる殺菌処理を施し、秋に2度目の火入れをせず「冷や」のまま出荷する事からひやおろしと呼ばれるようになりました。
「ひやおろし」はひと夏寝かせる事で味わいのカドがとれ、香りも落ち着いてくる傾向があります。味にまとまりが出て、まろやかで厚みのある味わいが楽しめます。きのこ料理や鍋料理など秋の味覚と合う日本酒です。

・秋上がり

「秋上がり」とはひやおろしと同様の熟成期間を経て味が上がった状態の事を秋上がりと呼びます。なので言葉は違ってもおおよその意味や日本酒の状態は同じということになります。新酒に比べ、穏やかで落ち着いた香りが広がり、深みのある味わいが楽しめます。

「ひやおろし」「秋上がり」 どちらも夏を越えまろやかな深みのあるお酒なので秋の味覚との相性が抜群です。この時期限定のお酒ですのでぜひお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました